アナウンサーになる

というのは 超狭き門ですよね。

 

そんな中 あなたは今まさに全国各地のアナウンサー試験を受けているのだと思います。

何度、写真を撮り直してもエントリーシートを書き直しても、なかなか書類が通過しない。

やっと書類が通過しても、今度は一次面接から先に進めない。

もう何十局も応募してきた。

 

一体、なにがダメなんだろう? アナウンサーには向いていないのかな?

もう、他の企業を受けたほうがいいのかな?

 

でも、もしここでアナウンサーになる夢を諦めたら一生後悔するかもしれない。

もし あなたにそういう思いが少しでもあるのなら 私の話を聞いてもらえませんか?

と言っても 相澤 静(あいざわ しず) なんて聞いたこともないし
どんな人なのかしら? どんな経歴の人なかしら? と思われたことと思います 。なので 少し私のことをお話させてください。

相澤静についてお話させてください。

生まれは 宮城県

アナウンサーとしては遅咲きの26歳のときに長年の夢を叶え、NHKキャスターとして6年間勤務しました。

小学生の頃から、夢は「アナウンサーになること 」

東京の大学に進学し、大学2年生のときからアナウンサー養成学校に通い、その夢を追い続けました。
しかし、新卒のとき、全国各地のテレビ局・ラジオ局のアナウンサー採用試験を受けるも、ことごとく全滅。

「もうアナウンサーにはなれないんだ」と絶望感を感じ、不合格になる度に「もうアナウンサーの夢は諦めよう」と何度も思いました。


小学生の頃から憧れている「アナウンサー」。

アナウンサー以外の仕事をしている自分の姿が想像できませんでした。

結果として、私は大学を卒業してから3年間、新卒のときから数えると4年間、アナウンサーになる夢を追い続け、就職活動をしました。

採用試験があるところは、北は北海道、南は沖縄まで、全国各地のテレビ局・ラジオ局をNHK・民放、すべて受けました。 のべ220局 同じ局を2度も3度も受けました。

面接ではとにかく緊張するタイプでしたので、なかなかいつも通りの力が発揮できず、撃沈することも多々ありました。

何年も試験を受けていると、1つ下、2つ下の後輩たちが次々と内定し、追い抜かれていきました。
正直、焦りがなかったわけではありません。


4年間かけて叶えたアナウンサーになる夢

書類を書いては不合格、書類審査が通過して面接を受けに行くも一次試験で不合格。
現地に面接を受けに行って、一次試験の音声テストでわずか1分間のニュース原稿を読んで「はい。お疲れさまでした。お帰りください」と言われて帰ってきたこともあります。

アナウンサーになるまでの4年間の道のりは、決して平坦なものではありませんでした。

私はマスコミはもちろん、テレビ局・ラジオ局には一切コネはありません。
有名大学卒業でも留学経験があるわけでも、ミス○○でもありません。

それでも「アナウンサーになりたい 」という強い思いを持って、日々、アナウンサーになるための努力を重ねた結果、時間はかかりましたが「アナウンサーになる」という夢を叶えました。


「アナウンサーになりたい」という夢を叶えてもらいたい。

そんな遅咲きの私ですが


アナウンサーの夢を諦めきれないあなたに
私の経験のすべてお伝えして


アナウンサーへの夢を叶えてもらいたい。


との思いで【相澤静 アナウンススクール】を開講しています。

 

2016年は、NHK函館放送局・NHK盛岡放送局・NHK山形放送局・NHK和歌山放送局。2017年はNHK和歌山放送局・NHK佐賀放送局にキャスター・リポーター・記者として合格者を出しています。

相澤静アナウンススクール 体験説明会

日 時

随時

会場

  1. 東京都内・千葉市内(お申し込みのあった方のみ詳細をお伝えします。)

  2. 遠方の方はSkypeにて実施

料金

5,000円 (税込み)

対象

NHKキャスター・リポーターを目指す女性

内容

1.書類審査を突破する「履歴書」の書き方

NHKキャスター・リポーターオーディションの第一関門が「履歴書」と「作文」の書類審査です。ほとんどの方がこの書類審査を突破することができず悩んでいます。

NHKキャスター・リポーターオーディションで見られる履歴書のポイントは3つ。そのポイントをお伝えします。

 

2.面接官の印象に残る「自己紹介」の作り方

書類審査が突破したら、次は一発勝負の面接と実技試験です。   
面接官は何十人もの応募者と会い面接をします。ここで面接官の記憶に残る自己紹介でなければ、最後のひとりに選ばれることは難しいです。


面接官の記憶に残る「自己紹介」のポイントはたったひとつ。そのポイントについて解説します。

3.面接官が納得する「志望動機」の作り方

面接の一番の要「志望動機」。この「志望動機」が曖昧だと合格は難しいです。

あなたの志望動機は説得力のあるものですか?面接官を納得させられるものですか?
面接官が納得する「志望動機」には3つのポイントがあります。そのポイントを解説し、説得力のある「志望動機」の作り方を伝授します。

 

相澤静(あいざわしず)プロフィール

経歴


小学生の頃から「将来の夢はアナウンサー!」。

4年間の就職活動の末、26歳で念願のアナウンサーになる。4年間で受けた放送局の数はのべ220局。

NHKでは、それぞれの放送局の看板番組(「いぶりDAYひだか」「やまがたニュースアイ」「YYほっとチャンネル」「やまモリ」)にアナウンサーとして出演する。
室蘭放送局では「いぶりDAYひだか」内のコーナー「冒険!SIZU王国」が人気を博し「NHK室蘭放送局局長賞」を受賞。

アナウンサーとしてテレビやラジオに出演するだけでなく、話題探しから取材、企画、構成、撮影、編集など番組制作を兼務した実績あり。
これまでに制作した中継や企画(リポート)は200本以上、取材した人は300人以上、伝えたニュースは約2000本に及ぶ。

現在は「相澤静アナウンススクール」の運営をはじめ、「伝わる話し方トレーナー」として企業の社員研修や全国を回っての講演活動の他、フリーアナウンサーとして活動している。

(現在の出演番組:成田ケーブルテレビ コミュニティチャンネル「ニュースアイズ」)

著書:『元NHKアナウンサーが徹底指導!自信が持てる「話し方講座」』

 

Q&A

Q,なぜ「セミナー」ではなく「体験説明会」なのですか?

A.相澤静アナウンススクール」のレッスンの一部を「体験」していただきたいからです。

「セミナー」は、時間の制約もあり、知識や情報をお伝えするだけにとどまっていました。
多くの方からのご要望もあり、知識や情報提供以外にレッスンを体験できるようにと「体験説明会」という形式に変えました。

Q,料金の支払いは当日でもいいのですか?

A.事前のお振込みをお願いしています。お申し込みいただいた方にお振込み情報をお伝えしています。

Q,この体験説明会ではなにが得られるのですか?

A.「相澤静アナウンススクール」のレッスンを体験できる他、書類選考が通過する「履歴書の書き方」、オーディションで面接官を納得させる「自己紹介と志望動機の作り方」が分かります。

これまでのスクール受講生の声(一部抜粋)

Sさん22歳・大学卒業 
合格先:NHK山形放送局 キャスター・リポーター

Q1.相澤静アナウンススクールのレッスンはどうでしたか?

A.マンツーマンで自宅でレッスンを受けられることが、就職活動中とても助かりました。

また、自分の癖を一つ一つ丁寧に指摘していただいたおかげで改善点がよくわかりました。

相澤さんの説明の仕方がとてもわかりやすく、今までぼんやりとしか捉えられていなかった部分が具体的にわかるようになりました。

Q2.レッスンの中で特に印象に残っていることや役に立ったことはありますか?

A.毎回、ビデオ撮りをしてフィードバックをするところです。立ち振舞や話し方など、自分の姿を客観的に見ることができました。

何度も動作や第一声の練習を繰り返すことで、本番で慌てたり緊張したりすることがなくなりました。                                                                            

Q3.レッスンを受講する前と後では、なにか変化はありましたか?

A.面接中の自分がどう見えるかということに今までの何倍も意識を持っていくようにな りました。

また、心がぶれたり折れそうになることも多かったのですが、その度に相 澤さんにお話を聞いてもらい、相澤さんの体験談を聞くことですぐに前向きになれま した。

精神的に、気楽に、でも諦めず真剣に試験に取り組めるようになったと思いま す。                                      

Q4.最後にメッセージをお願いします。

A.「相澤静アナウンススクール」は、相澤先生とマンツーマンで濃密なレッスンを受けられるのでお薦めです。本当にお世話になりました。ありがとうございます。

Cさん36歳・既卒
合格先:NHK和歌山放送局 契約記者

Q1.相澤静アナウンススクールのレッスンはどうでしたか?

A.質問に対して何度でも的確に答えていただき、安心して試験対策ができました。

相澤先生はいつも真剣に向き合ってくださり、いつも励ましてくださいました。相澤先生のおかげで辛い試験も前向きに頑張ることができました。     

Q2.レッスンの中で特に印象に残っていることや役に立ったことはありますか?

A.私の考えの甘さなどストレートにアドバイスしてくださいました。時には厳しく指導していただき、その甲斐あって今まで気づかなかったことに気づき、自分を見直すことができました。

本当に相澤先生のおかげです。今回のアナウンス試験で培ったことを今後の放送局での仕事に生かしていきます。

Q3.レッスンを受講する前と後では、なにか変化はありましたか?

A.私は、なかなか物事に対して「考える」ということをしていませんでした。

先生から「何事も自分で考える」「どんなことでも“なぜか?”ということを考える」ということの大切さを教えていただきました。

そうすることで、自然と答えは出てくることを学び、本当に大切だと実感しています。

当たり前のことなのに36歳にもなってできていなかったことを恥ずかしく思い、今は普段の仕事でも考えることを大切にしています。

今まで気づかなかった自分に足りないことをたくさん教えてくださった相澤先生に本当に感謝しています。   

Q4.最後にメッセージをお願いします。

A.相澤先生は、自信をなくして落ち込んでいる私にも常に前向きに声をかけてくださり支えてくださいました。

私は、先生のアドバイスなしでは今回の内定はなかったと思います。本当にありがとうございました。

Eさん25歳・大学院卒業

Q1.相澤静アナウンススクールのレッスンはどうでしたか?

A.相澤先生のレッスンは毎回その日のレッスンの内容が明確化していたので、どこに焦点を絞って復習すればよいのか、次のレッスンまでに何を練習すればよいのかがはっきりとわかり、長期目標を達成するため今達成すべき短期目標は何なのかが定めやすかったです。   

Q2.レッスンの中で特に印象に残っていることや役に立ったことはありますか?

A.技術的なことももちろんですが、アナウンサーになるための精神面の持ち方は、職業問わずとても役に立つレッスンでした。

また、面接のレッスンは立ち振る舞いなどを細かく指導していただいて自分では気がつきにくい点を指摘してもらえたのがよかったです。

Q3.レッスンを受講する前と後では、なにか変化はありましたか?

A.本気の夢を叶えたいとき、人は本気で行動することができるものなのだと思いました。

Q4.最後にメッセージをお願いします。

A.相澤先生は本気でアナウンサーを目指す生徒さんの為に本気で指導してくださる素晴らしい先生です。

プロのアナウンサーの方に、こんなに熱心に細かく指導してくださるスクールはとても稀で貴重な経験になると思います。

相澤先生のような格好いい女性に指導していただいたのは、自分の人生でとても貴重な経験になりました。

先生から習ったことは日常生活でもとても役に立つことばかりです。ありがとうございました。

Kさん22歳・大学卒業 
合格先:NHK佐賀放送局 キャスター・リポーター

Q1.相澤静アナウンススクールのレッスンはどうでしたか?

A.マンツーマンでどこでもレッスンを受けられるため、地方に住んでいる私にとって、とてもありがたかったです。

また、相澤先生がレッスン時以外にもたくさんメールをくださって、いつも励ましてもらっていたことで、直接お会いすることができなくても身近に感じ「こんなに応援してくださる方がいるなら頑張ろう!」と原動力になっていました。

Q2.レッスンの中で特に印象に残っていることや役に立ったことはありますか?

A.スカイプでお話をしながら、その様子を毎回ビデオに撮っていただき、自分の癖や立ち姿を客観的に見ることができる点です。

入退室の練習、お辞儀など、普段は見落としがちな細かい部分も指導していただいたことで、本番でも自然ときれいな姿勢を保てるようになりました。また目線や髪型のアドバイスもいただき、万全の状態で面接に行くことができました。

Q3.レッスンを受講する前と後では、なにか変化はありましたか?

A.行動面では、今の私になにが足りないのか、何をすべきなのかが分かったことです。計画的に対策を進めることができるようになりました。 精神面では、なかなかうまくいかず挫けそうなときでも「この経験を次に活かそう」「大丈夫」と毎回気持ちを切り替えて面接に臨むことができました。

Q4.最後にメッセージをお願いします。

A.私は地元のスクールだけでなく東京のスクールにも行ったことがありますが、相澤先生のように生徒思いで全面的にサポートしてくださる先生には出会ったことがありませんでした。 先生とお話することで「頑張ろう!きっと大丈夫」という意欲が湧きます。

これから先の受験が不安な方、自分に自信がないと思っている方には特にお勧めしたいです。

Rさん26歳・既卒 

Q1.相澤静アナウンススクールのレッスンはどうでしたか?

A.相澤先生はふわっと回答するのではなく、こちらが聞いていることに対して明確に答えてくださります。どんな事実で、どこからどう考えてのご意見なのか、お話していただけるので有効な判断材料になりました。

曖昧さによる不安が軽減するので、ただでさえ苦しいアナウンサー試験のストレスも、そうした先生の対応から和らいだと思います

Q2.レッスンの中で特に印象に残っていることや役に立ったことはありますか?

A.具体的に話す場所を間違えないということです。アナウンサー試験を受けていくうちに「具体的に話せば話すほど良い」という情報に頭の中が侵食されていました(笑)。

エントリーシートや面接で、つい自分の話が冗長になることが悩みのひとつでした。しかし、先生のアドバイスから全てを具体的にしなくても良いこと、そしてより重要なのは自分の考えや信念を述べることなのだと知れました。

まだ途上段階ではありますが、今後も使いこなせる練習をしていきたいと思っています。

Q3.レッスンを受講する前と後では、なにか変化はありましたか?

A.社会人となってからの経験でもアピールできるのだと分かり、エントリーシートや面接で取り上げられるものがあるのだと安心感が生まれました。また、相澤先生は先に進める上での必要なことの話をしてくださります。

だから、充実感がありました。特に先生と接した後に停滞している感覚よりも前進している感覚が強くなりました。日常生活の中でも「アナウンサーになるために、このときにこんなことをやってみたら良くなるかも?」などのアンテナもより張りやすくなったと思います。

Q4.最後にメッセージをお願いします。

A.相澤先生はしっかりとされていて信頼できる方です。些細な疑問にも明確に、かつ丁寧に答えてくれます。

こちらが理解できていないときは、言葉を変えて伝わるように接してくださいました。スケジュール的に苦しいときでもできる限りこちらに歩みよってくださいました。そうしたところから呼応するように頑張ろうと思える、そんなスクールだと思います。

Cさん36歳・既卒 
合格先:NHK和歌山放送局 キャスター・リポーター

*Cさんは再受講生のため、レッスン後の感想のみお聞きしました。

Q1.相澤静アナウンススクールのレッスンはどうでしたか?

A.36歳という年齢で「もう最後だ」と思い、後悔はしたくないので最善を尽くしたいという思いと一人ではどうしていいか分からなくて相澤先生のレッスンを受講しました。

先生は、はっきりと分かりやすく指摘してくださり、30代半ばにしてできていないことばかりで色々なことに気付きました。

でも、先生は厳しい指導だけはなく面接の前にはいつも励ましてくださり、本当に愛情を感じました。 私自身、言われなければ分からないタイプだったので、相澤先生の指摘で気付くことも多く、ひとつひとつ改善しながら面接に挑みました。 そして、やっと夢だったキャスター・リポーターに採用していただきました。

努力を続けていれば、諦めなければ夢は叶うのだと思います。

私は遅咲きで30歳を過ぎてからのチャレンジでした。年齢がネックで面接はことごとくダメで、何度も諦めようと思いました。でも、諦めきれず、一生に一度の人生、後悔はしたくないので諦めきれませんでした。 でも、そういう人が最後は夢を叶えていくのだなと思います。努力を続けていれば、結果はついてくるのだと思います。

元NHKアナウンサーが徹底指導!
自信が持てる「話し方」講座(CD付)

自信が持てる「話し方」講座
相澤静 アナウンススクール
E-mail: info@aizawa-shizu.com